読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

成長を実感する

 

自分の成長を実感することは大変うれしいことだ。

 

ここでいう成長は、単に効率的に知識を詰め込むという類のものではない。

また、身体的な成長ではない。人間的な成長である。

 

自分という人間の成熟度を上げる。素養、考え方、価値観の変化、そんなところ。

 

以前は、絶対に許せないこと。認められないこと。が自身の成長により見方がかわることがある。 そのときの変化を自分で悪いと思わなかったらそれは立派な成長だよね。

例えば俺は、Hiphopとかストリートカルチャーが昔から好きだったから、それ以外の趣味を持つ奴らを下に見てたし、理解できなかった。若いときは毛嫌っていた感もある。

 

大人になり、熱中している人の熱量は等しく美しく、熱中する対象で区別するべきではないと思えた。

ビジネスに熱中しているSansanの社長とサーフィンに熱中しているセブさんとかの熱中具合は変わらなく、等しくかっけーなと思えるようになった。

 

これって自分にとっていい変化だなーくらいしか思ってなかったんだけど、

これこそ成長だなとおもった。

 

つまり、今嫌なものとか、嫌いなもの、許せない価値観

これは自身の成長で変わるかもしれないし、それを変えたときにより自分の人生によい変化をもたらすんじゃないかという期待を持てるのね。

 

だから、いや、ありえないっしょ!って思ったこととか、本当にありえないのかな?なぜありえないと思うんだろう?って自分の中で振り返るようになった。

その結果、全然ありえなくねえな。 今まで決め付けてたな。 ってこと結構あるんだよね。

 

さすがにこれはひとそれぞれかなー。 とまとまりに欠けるが。