読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

858のフォークワーナイト

俺がよくいく飲み屋。858。 そこで出会ったいくちゃムが9年間続けているフォークワーナイトに出た話。

父ちゃん以外はみんなプロみたいなミュージシャン。

858のまーさんといくちゃむが、「ようちゃんでなよ。でてくんないかな」っていわれたのね。

 

俺は新しいことやチャレンジの瞬間を目の前にしたときとりあえず「やる」を選択しようと決めている。

 

決めたあとは後悔することあるよ。今回も、イベントが近くなるにつれて、やべー、、全然できねーってあせりまくった。

でも適当にやったら、9年間もそのイベントを温め愛してきたいくちゃむに申し訳ないから、そのプレッシャーに全力で対峙するわけです。

 

当日は君達みてたよね。演奏はぼろぼろだった。けど、周りのみんながとても優しくきいてくれた。とうちゃん手が震えてうまくひけなくてな。

ゆーじろーが終わった瞬間に「とうちゃんかっこよかった」っていってきてさ、かあちゃんみたら満面の笑みで「本番よわいねー」って笑ってた。

 

結果、どきどきよりも、すごく幸せな気持ちを得ました。あと、人前でウクレレ弾く度胸がついてきた。

 

やるかやらないか。この二択は人生でたくさん出会うでしょう。やるということはチャレンジ。きつくても怖くてもそれを経由して成長した新しい自分にであう。

*悪いこととかへんな薬とかそういうのはチャレンジしなくていいからな。

 

そういうことを身をもって君達に教えたいといつも思ってる。俺親父だから。

親父の俺が新しい扉ガンガンあけて、失敗して、笑われたりして、でも、最後あけてよかったーって笑っていくことを決めている。

 

新しい扉を目の前にしたとき、開いてみると新しい世界がある。

どんどん扉あけていって、自分の可能性を広げていってほしいんだよ。

 

父ちゃんはとびら開きまくっていったらこんなにすばらしい友達ができたよ!

 

f:id:ysust:20161210000608j:plainんn

 

f:id:ysust:20161210000246j:plain

f:id:ysust:20161210000402j:plain